2013年01月29日

木村藤子が今井メロを霊視鑑定!パート3

2013年1月9日放送された『徳光和夫&菜々緒&木村藤子の美女たちのターニングポイントSP』の鑑定の様子を紹介します。

ここでは今井メロさんの鑑定の様子です。

パート2からの続きです♪

〜さらに木村はメロが波乱に満ちた人生を送ることになった原因を語った〜

木村「あなたは小学校の低学年の頃、元気のいい状態の子だったと思います。天真爛漫で。
でも抑えられて、何か思うように自分の意見が通らないのか、自分の意思が一般の子みたいに動きがとれないのか、そういう時期、寂しくて、はっきりいって人との交流も下手で思うように付き合えない。
(人格形成の期間に)ブランクがあるから。要は人間形成の大事な時に、何かあなたは違う方を見つめているから。
それから よく泣いている姿が視える。」

今井「(うなずく)」

〜10代の頃厳格な父親のコーチでトレーニングに明け暮れたメロは親のぬくもりに甘える時間はほとんどなかった。
しかしぐっと我慢し、人知れず涙に暮れる日々を送った。10代の彼女は耐えがたい孤独と悲しみの中にいた。
そこから逃げようともがき苦しみ、人生までもゆがめてしまった。波乱の人生、その原因は人格形成の大切な時期に深い苦しみを経験したからだと木村は言う。
しかしそれは無駄な時間ではなかった。〜

木村「あなたはこの年齢の若さなのに、(前向きに生きる)苦労したために知識を選んですよ。苦しんで、人の何倍も苦しかった。
その時に立ちあがって、この子どもたちのおかげであなたは両方の方に子供を背負って『よし、やるぞ』って。あなたは苦しんだ中で知識を得た。」

今井「(うなずく)」

木村「じゃ、ご苦労さま」
今井「ありがとうございました。」

鑑定が終わって感想は?

今井「自分のこれからの生きていく糧にはなったんじゃないかって事に感謝していますね。」

木村藤子がいじめ問題について親が注意すべき点を語りました。
木村「家庭の中で妻が強すぎたり、体罰を与えられる子どもは外でも手を出す。 ケンカしてもすぐ手を出す。
『これをやっちゃいけないのよ』って教え諭した子供さんはいじめにはなかなか逢わない。」

徳光「いじめにあわない。いじめる側に回らない?」

木村「そうです。いじめる側に引っ張られない。そもそも家庭の環境、夫が妻を見下す。妻が夫を見下す。ひどい言葉で(夫婦の)愛情の不足から喧嘩。
子どもが(その家庭環境の)カラーに染まっちゃう。それがやってはいけないこと。
親の方も気をつけて。いじめというものはどういうものか理解してもらわないといけない。」




posted by ちこ at 00:00| Comment(0) | 今井メロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

木村藤子が今井メロを霊視鑑定!パート2

2013年1月9日放送された『徳光和夫&菜々緒&木村藤子の美女たちのターニングポイントSP』の鑑定の様子を紹介します。

ここでは今井メロさんの鑑定の様子です。

パート1からの続きです♪

〜木村は子育てのアドバイスにも触れた〜

木村「完璧な子どもでいてほしいって親って思うじゃないですか。でもね、それは間違っていると思う。
完璧ではないから人間に生まれる。欠点があるから。
だったら子供を育てる時、親も失敗したことを教える。
『ママはこういうところでこういう時に人間関係で失敗したのよ』って。
『だからあなたはこういうようにして生きていかなきゃいけないのよ。』(と親の失敗も教えること)
離乳食に変わるときでも根気強く教えるじゃないですか、みんな。スプーンをこうして持つのよ こうしなさい。一番つかみやすいのがこうなのか、こうスプーンを持つのか、そこから教えて。
慣れてくると何かちょっとでも触ったりすると『やめなさい!』という言葉が出るの。
でも子供はダメというと『やってはいけない』ということはわかるけれどなぜだめなのかわからない。
子どもはいたずらでやっているのではないんですよ。それを『ダメ!』って行為を止める。
よくないよって言えばわかる。教えなさいということ。」

今井「子どもたちのために今後私は一人でいるべきなのか?それともまた再婚など考えたほうがいいのか?しかもそれがいつの時期なのか?ということが全く(わからない。)。
2度結婚して離婚して2人の小さい子のお父さんは違います、っていう状況をすごく申し訳ないと思っているので」

木村「瑠偉くんの父親の時は、あなた純粋にただ寂しくて、好きだっていう感じで一緒になっていたと思う。好きだから一緒にいて子どもができちゃった。
で、真里愛ちゃんの時は心を病んでいた。
もし再婚するとなった場合、今度は今みたいに若い時じゃない、ああ、相手が若い20代とかじゃない人が視えるから、もう少し年配の人と結婚する。
あなたと子供2人を大切にしてくれる人か、社会的地位だけじゃなく、そこから入ったら(選んだら)いいと思う。
一歩間違うと4度目の結婚まで行くことがあるから。」

今井「(うなずく。)」


〜2つ目の相談内容は仕事のこと〜

今井「私の仕事が不安定であるとシングルマザーなので、子どもを養っていけないという不安ですね。
だからこの先、自分が心の中で思っている仕事 決断があるんですけれども果たしてそれが正しいのかどうなのか。」

木村「なるほど。その決断は何のこと?」

今井「女優さんを目指しているんですけれども、子どもが2人いて、子どもの今後を考えるとこの決断をすごく今ブレているんですね。人の意見に流されますし。」

木村「なるほど。今までは本当の自分な出ていなかった。
で、まっすぐな部分(性格) 責任感をちゃんと持っているから 強いものが。
だから仕事 女優さんだけじゃなく、もっといろんなことをやると思うんですけど。歌もやる。」

今井「そうなんですか。」

木村「歌もできる?」
今井「いや、歌うことは好きですけれども。」

木村「それから踊ること。何でも挑戦するんじゃないかな。」
今井「挑戦は好きです。」

パート3へ続きます♪
posted by ちこ at 07:49| Comment(0) | 今井メロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

木村藤子が今井メロを霊視鑑定!パート1

2013年1月9日放送された『徳光和夫&菜々緒&木村藤子の美女たちのターニングポイントSP』の鑑定の様子を紹介します。

ここでは今井メロさんの鑑定の様子です。



〜2006年トリノオリンピックスーノーボードハープパイプ 日本代表 今井メロ。
彼女はスーノーボードハープパイプの優勝候補として日本中から期待された。けれどもまさかの予選敗退。

そして2012年9月、本を出版し、自らの衝撃的な人生を赤裸々に語った。離婚歴2回、自殺未遂、整形、風俗嬢

現在は父親がそれぞれ違う2人の子供を育てるシングルマザー。
それはまさに波乱万丈の人生〜

相談内容は『2人の子供のこと、今後の仕事について』

木村「こんにちは。」
今井「よろしくお願いします。」

木村「(手渡された用紙を見ながら)子どもさんは『瑠偉(2歳半)』くん?男のお子さんですね。」
今井「はい。下の子が『真里愛(1歳)』です。」

木村「真里愛ちゃんね。」

今井「上の子は今、幼稚園などに行かせていないんですね。で、行っていないということで言葉が少し遅いって言われているんですね。」

木村「瑠偉くんが?」
今井「そうです。」

木村「いや、きちんと話ができる子。大丈夫。」
今井「(人に)言われれば言われるほど心配してしまう。」

木村「いや、大丈夫。瑠偉くんが今とても元気で、もっと天真爛漫に元気になります。
あなたね、まだ25歳か。瑠偉くんのこと手をかけ過ぎたかもしれない。
何ていうのかな。子育てに慣れていないっていうのか。でね、瑠偉くんの性格というのはものすごい頑固、正直者、それから社交下手だから、親の考えを押しつけすぎるとこの子は反発してくるかもしれない。中学、高校あたり。
とても親孝行ないいものを持っているのでそこをしっかりと。」

今井「(うなずく)」

木村「下のお子さんのことも同じですよね。」
今井「いえ、下の子(真里愛)は違うんです。」

木村「なにを伺ったらいいですか?」

今井「下の子は体のことなんですね。眼瞼下水(上まぶたが開けにくい状態)なんですけど、ゆくゆくちゃんと無事に育ってくれるかな?という心配ですね。」

木村「今、視ていますので。
これ視力だけじゃなく、ひょっとすると片方の耳も聴こえづらい。完全に聞こえないんじゃなく、片方はしっかりしています。片方がちょっと難聴気味かな?っていうのが。
真里愛ちゃん、1歳にしてはちょっと歩くのがどうかな?遅いかな?つかまり立ちするのもちょっと遅いかもしれない。腰の筋力が弱いから。」

今井「やっとお座りができるようになったんですね。」

木村「でも、立ってよちよち歩く姿が視えるから、うん(大丈夫)」

〜木村は子育てのアドバイスにも触れた〜

パート2へ続きます♪
posted by ちこ at 00:00| Comment(0) | 今井メロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする